Withコロナ リモートワークの組織マネジメント クラウド型経営プロセス管理システム「 Scale Cloud (スケールクラウド)」

独自の経営マネジメント理論「Scale Model(スケールモデル)」のコンサルティング及び、クラウドサービス「Scale Cloud(スケールクラウド)」を提供する株式会社ビーワンカレッジ(東京都港区、代表取締役社長:広瀬 好伸)は、Withコロナにおけるリモートワークの増加に伴う、リモートでの組織マネジメントニーズの高まりを受け、 「Scale Cloud」のリモートワーク活用の促進をいたします。
Withコロナの環境下でリモートワークの比率が増える中、リモートワークの環境整備、人事管理など日々の業務プロセスのリモートワーク対応は進んできました。しかしながら、経営の進捗管理については未対応のケースが多く、リモートワークに対応する経営管理の仕組みづくりが課題となっていました。

そこで弊社が開発した「Scale Cloud」をリモートワークに対応した経営管理の仕組みとしてご活用いただくことにいたしました。「Scale Cloud」は、経営のプロセスをKPIに落とし込んでおり、クラウド上でKPIの予実を共有するだけで、経営の進捗をタイムリーに把握することが可能です。クラウドサービスのため、リモートの環境で社員がKPIの実績を登録するだけで、マネジメントはWeb上で進捗状況や問題点が一目でわかります。「Scale Cloud」をリモートワークの経営管理の仕組みとして提供することで、Withコロナにおける企業経営をサポートしてまいります。

■Scale Cloud(スケールクラウド)

Scale Cloud は、科学的な経営により業績目標を達成する組織マネジメントメソッド「Scale Model」をより効率的に運用するために開発されたクラウド型の経営プロセス管理システムです。 KPI (重要業績評価指標)を活用した経営プロセスの数値による見える化によって、リモートワーク下での経営の進捗も容易に管理できます。

■Scale Cloud の特徴

1.ダッシュボード機能
重要なKPIや異常なKPIを自動判定して、ダッシュボード上にグラフ化して表示します。

2.KPIツリー機能
KPIツリーをロジックツリー化して、部門横断的にKPI間の関係性を一覧して見やすく可視化します。

3.事業計画機能
KPIの計画を立てることでPLやCFが自動作成されます。また、計画達成に必要な各KPIの目標値が可視化されます。

4.比較機能
事業ごとや部門ごとの比較、計画と実績との比較が容易にでき、どこに問題があるのかをわかりやすくします。

5.シナリオフォーキャスト機能
複数のシナリオごとの計画、実績に応じた修正計画、改善策ごとの予測が容易につくれて比較できます。
 

 

■経営マネジメント理論「Scale Model」とは

 

「Scale Model」は、全社員を経営に参画させ、企業を業績目標の達成に導く独自の経営マネジメント理論です。
業績目標を KPI ツリーに落とし込み、KPI と PL、CF を結び付け、理論に裏付けられた科学的な経営を可能にします。
KPI を達成するためのアクションプラン設計、進捗管理、結果分析、業務改善といったPDCAサイクルを回すことで、業績目標の達成に導きます。 

【株式会社ビーワンカレッジとは】
経営を科学するを Mission とし、その「論理」を追究し、業績目標を達成に導くことで、企業の成長を推進しています。独自の経営マネジメント理論「Scale Model」を軸に、組織で実践するための研修プログラム「組織マネジメントプログラム」、運用を容易にするクラウド型マネジメントシステム「Scale Cloud」の複合的な提供により、企業の組織マネジメント力を強化し、業績目標を達成しています。

【会社概要】

会社名  株式会社ビーワンカレッジ
代表  代表取締役 広瀬 好伸
設立 2018年11月
所在地  東京都港区三田2-14-5 大阪市北区西天満2-6-8
URL  https://www.beonecollege.co.jp
事業内容  ビジネスモデル構造に着目した独自の経営マネジメント理論「Scale Model」に基づく
SaaS「Scale Cloud」の提供及びコンサルティング
取材申込先    電話番号  03-6275-1777  メールアドレス  info@beonecollege.co.jp

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000058025.html