シービーアールイー/CBRE、丸の内本社オフィスをアップグレード ~ウィズコロナに対応するための第一歩として、社員が安心して働ける環境を整備~

シービーアールイー

CBRE(日本本社:東京都千代田区丸の内)は、ウィズコロナに対応するための取り組みのひとつとして、CBRE丸の内本社オフィスのアップグレードを実施しました。
この度、ワークスペースの見直しにあたっては、社員が安心かつ安全に働くことができる、ハイスペックで働きやすい環境の整備を最優先にしています。また、テレワーク利用の拡大に伴い、オフィス勤務社員とリモートワーク社員およびクライアントとのオンラインでのコミュニケーションをより円滑に行うことができるよう、会議室には新たなテクノロジーを導入。さらに、社内カフェである”RISE* Café”を交流の場として明確に位置付け、開放的な空間で社員、そして将来的には来訪されるお客様がリラックスしてコミュニケーションができる場として、ラウンジ仕様に改装しました。
*RISEはCBREの理念である「Respect(敬意)」「Integrity(高潔)」「Service(貢献)」「Excellence(卓越)」の4つの頭文字をとったもの

【主なアップグレード】
● 社員が安心して安全に働くことができる、ハイスペックで働きやすい環境の整備・飛沫防止パネルの設置
–        パネルにはグラフティーアートを施し躍動感のある空間に演出
・執務エリアの席を増設
–        ソーシャルディスタンスの確保
・集中席の増設
・コラボレーションエリアの設置

●オンラインコミュニケーションを支えるテクノロジーの導入
・ウェビナースペースの設置
–        「フォーマル」と「カジュアル」の2種類のスペースを用意
–        ウェビナー用の機器を導入
・主要会議室のオンライン会議設備をアップデート/会議室をWeb会議対応にアップデート

● RISE Caféを開放的な空間でコミュニケーションができる場として拡充
・ラウンジ機能の強化
・空気の質(換気性、温熱快適性、空気洗浄度)の見える化
–        空気の質を定期的にモニタリング
–        試験的に新空調システムを導入

CBREワークプレイスストラテジー(WPS)責任者 金子千夏は、「新型コロナ感染拡大の影響で人々の働き方が大きく変化しました。将来は今まで以上に、柔軟な働き方が求められる時代になることは間違いありません。CBREが考える次世代の働き方のコンセプトは、“ボーダレスワーク” – 場所の枠にとらわれず、リアルとバーチャルの枠もないシームレスな環境で、自分らしい生き方をクリエイトするワークスタイル – になります。ボーダレスワークでは、一人ひとりが働く場を選択し、多様な価値観や生活に合わせて、 Office(オフィス) , Remote(サテライト・コワーキング) , Home(自宅) , Trip(出張・ワーケーション) の 4 つの 働く場を 自由に組み合わせます。

今回のアップグレードは、本コンセプトに基づき、CBREが考えるワークプレイスづくりの第一歩として、社員が安心して働くことができる職場環境を整備することで、健康維持と業務改善を図ったものです。いまだコロナ収束の目途がつかない中、多くの企業が社員の新たな働き方を模索されている状況にありますので、本取り組みが、ニューノーマル時代の働き方のヒントとして、ご参考になればと考えております」と述べています。
 

 

 

写真/イメージ1段目

:飛沫防止パネルの設置 – 無機質にならないよう、グラフティーアートを施すことで、社員が活き活きと働ける空間をデザイン

写真2段目

:集中席の設置 – 窓際に新しく設置した集中席は遮音パネルに覆われ、セミプライベートな設えになっているため、周りの目を気にせず作業に集中できる

写真3段目

:コラボレーションエリアの設定 – 社内のキャッチアップミーティングやブレインストーミングなどを活性化するためのスペースとしてデザイン

写真4段目

:ウェビナースペースの設置 – プライバシーを確保できるよう工夫されたフォーマルウェビナー(会議室タイプ/右)は、ウェビナーだけでなく、タウンホールや研修にも使用可能。カジュアルウェビナー(ラウンジタイプ/左)は、CBREブランドカラーを意識した吸音パネルを設置

写真5段目

:ウェビナー機器の導入 – ウエビナーの際に画面や音声の切り替えをスムーズに行うためのスイッチャーや既存のカメラに簡単に取り付けられる高性能マイクの導入により、クオリティの高い映像を配信が可能に。リングライトを併用することで、均一で自然な明るさになりイメージもアップ

写真6段目

:RISEカフェの拡充 – 社員がラウンジのようにリラックスして集まれる「交流の場」として再設計。安心して利用できるように新空調システムを導入することで、空気の質を可視化

CBREのワークプレイスストラテジーに関するお問合せ先


シービーアールイー株式会社 東京本社 ワークプレイスストラテジー シニアディレクター:金子千夏
Chinatsu.Kaneko@cbre.co.jp

CBREワークプレイスストラテジーについて


CBREワークプレイスストラテジー(WPS)は、新しい働き方を促進するワークプレイス戦略構築をお手伝いしています。各企業の目指す姿やビジョンを実現するための最適なワークプレイスを、様々な調査を通じて、定量・定性的なデータをベースに分析・策定いたします。また、新たな働き方を滞りなく導入するためにチェンジマネジメント(新しい働き方に対するワーカーの啓発と育成)もあわせてサポートいたします。

CBRE日本法人について


CBRE日本法人(シービーアールイー株式会社)は、不動産賃貸・売買仲介サービスにとどまらず、各種アドバイザリー機能やファシリティマネジメント(FM)などの17の幅広いサービスラインを全国規模で展開する法人向け不動産のトータル・ソリューション・プロバイダーです。CBREの前身となった生駒商事が1970年に設立されて以来、約半世紀にわたり、日本における不動産の専門家として、全国10拠点で地域に根ざしたサービスを展開してきました。企業にとって必要不可欠な「ビジネスインフラ」として認められる不動産アドバイザリー&サービス企業を目指して、国内約1,300名のプロフェッショナルが、最適かつ的確な不動産ソリューションを中立的な立場で提供いたします。詳細につきましては日本国内ホームページ www.cbre.co.jp をご覧ください。公式Twitterアカウント:@cbrejapan

CBREグループについて


CBREグループ(NYSE:CBRE)は、「フォーチュン500」や「S&P 500」にランクされ、ダラスを本拠とする世界最大の事業用不動産サービスおよび投資顧問会社です(2019年の売上ベース)。全世界で100,000人を超える従業員、530カ所以上の拠点(系列会社および提携先は除く)を有し、投資家、オキュパイアーに対し、幅広いサービスを提供しています。不動産売買・賃貸借の取引業務、プロパティマネジメント、ファシリティマネジメント、プロジェクトマネジメント、事業用不動産ローン、不動産鑑定評価、不動産開発サービス、不動産投資マネジメント、戦略的コンサルティングを主要業務としています。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000090.000027786.html

リリース元:シービーアールイー


無料でプレスリリースを配信しませんか?

無料プレスリリース PR-FREE

PR-FREEは無料でプレスリリースが配信できるPRサービスです。
最短即日〜複数の有力メディアへのリリース配信が可能。 プレスリリースを配信したいけど予算が不安という方に最適です