日本テーマパーク開発/~新たな働き方のご提案~企業の新卒社員を応援!メンタルヘルスケアの取り組みを開始!

株式会社デジタルシフトと協業のワーケーションプログラム

藤和那須リゾート株式会社(所在地:栃木県那須郡那須町/代表取締役社長:雪本 智史、以下、藤和那須リゾート)が運営する宿泊施設「那須高原TOWAピュアコテージ In NASU HIGHLAND RESORT(以下、「TOWAピュアコテージ」)」では昨年10月より、東証一部上場企業の株式会社デジタルホールディングス(所在地:東京都千代田区/代表取締役社長 グループCEO:野内 敦)傘下である株式会社デジタルシフト(所在地:東京都千代田区/代表取締役社長:鉢嶺 登、以下、デジタルシフト社)と協業し、主にIT企業向けのワーケーション(※)サービス開発および販売の取り組みを実施しております。このたび、ワーケーションサービスの新プランとして、本年4月1日(木)より、企業の新卒社員を対象とした「メンタルヘルスケアプラン」を開始いたします。

コロナ禍における働き方の変化に関する調査を実施したところ、リモートワークや在宅勤務が普及する中で、直接的なコミュニケーションの機会が減少することなどにより、在宅勤務で悩みやストレスを抱える新卒社員が増えているという結果が出ました。多くの新卒社員が在宅勤務におけるストレスを抱えることにより、生産性低下を招くだけでなく離職率上昇にまで発展するなど、企業における大きな課題となっております。その一方で、在宅勤務と並行して個別の対策を講じた企業においては良い変化が生まれることも分かりました。

これらをふまえ、藤和那須リゾートとデジタルシフト社は、従業員の健康サポートならびに企業における在宅勤務普及に伴う課題を解決するため、ワーケーションサービスの新プランとして、「メンタルヘルスケアプラン」を本年4月1日より開始することといたしました。

※ワーケーションとは、「ワーク」と「バケーション」を組み合わせた造語で、観光地やリゾート地でリモートワークを活用しながら、働きながら休暇をとる過ごし方を指します。チームビルディングの要素を含めた新入社員研修や、合宿としての利用も想定しています。働き方改革と新型コロナウイルス感染症の流行に伴う「新しい日常」の奨励の一環として位置づけられています。

【メンタルヘルスケアプランの概要】
那須の自然を活用した合宿・研修プログラムをオーダーメイド型でご提供いたします。大自然の中で日頃と異なる就労機会やアクティビティを通して、従業員の心身のリフレッシュやチームワーク強化の機会にご活用いただけます。また、藤和那須リゾートのグループ会社で、主に法人向け健康経営のコンサルティングサービスを提供している日本からだ開発株式会社(所在地:東京都千代田区/代表取締役社長:橋本 奈津子)による研修プログラムへの助言や、研修前後におけるサポートを実施予定です。尚、研修プログラムについては、事前に協議の上決定させていただきます。

<応募条件>
・デジタルシフト社が提供するワーケーションプランの会員企業様限定のプランです。
https://www.digitalshiftsoken.jp/lp/workation/
・料金に関しては研修プログラムの内容に沿って決定いたします。
【株式会社デジタルシフトのご紹介】
株式会社デジタルシフトは、日本全国の企業のデジタルシフトの実現を支援するため、グループ企業のアセットを掛け合わせるとともに、独自のサービスを開発し、企業のデジタルシフトに必要な経営資源(ヒト、モノ、カネ、情報)をワンストップで提供することで、日本企業および日本経済がさらなる発展を遂げるためのエンジンとなります。
https://digitalshift.co.jp/

【那須高原TOWAピュアコテージのご紹介】
コテージタイプ(全72室2LDK・82㎡・西欧式暖炉付)、プライベート空間が満喫できる別荘タイプの「リゾートハウス」、日本初導入の透明テント「AURA」をはじめとする「グランピングタイプ」、斬新なデザインの「デザイナーズハウス」、ワンちゃんと心ゆくまでリラックスできる「WITH PETシリーズ」など、多様な客室を提供します。また、那須ハイランドパークに隣接しているコテージタイプの敷地には、日本最大級のアスレチック施設「那須の森の空中アスレチック『NOZARU』」が併設されております。

(客室の一例)

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000253.000005736.html

リリース元:日本テーマパーク開発


無料でプレスリリースを配信しませんか?

無料プレスリリース PR-FREE

PR-FREEは無料でプレスリリースが配信できるPRサービスです。
最短即日〜複数の有力メディアへのリリース配信が可能。 プレスリリースを配信したいけど予算が不安という方に最適です