有限会社フレスコ/テレワークで、「家の中が写るから」などを理由に「家具の買い替えを希望するビジネスパーソン」は9割超!

Q1.あなたは新型コロナ以前(2020年2月以前)と比較すると、身の回りの家具や部屋の雰囲気に目がいくようになったと思いますか。

〜買い替えしたい家具ランキング 第1位「デスク」43.8%〜

家具・インテリア用品・仏壇・仏具の通信販売を行う有限会社フレスコ(本社: 静岡県藤枝市、代表取締役:山本雅之)は、テレワークを週5日行うビジネスパーソン111名を対象に、「コロナ禍前後の家具への関心」の意識調査を実施しました。
  • 調査概要

調査概要:「コロナ禍前後の家具への関心」の意識調査
調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年2月25日~2021年2月26日
有効回答:テレワークを週5日行うビジネスパーソン111名
 

  • 6割以上のビジネスパーソンが、「テレワークの影響で、家具や部屋の雰囲気が気になるようになった」と回答

 「Q1.あなたは新型コロナ以前(2020年2月以前)と比較すると、身の回りの家具や部屋の雰囲気に目がいくようになったと思いますか。」

(n=111)と質問したところ、

「かなりそう思う」が25.3%、「ややそう思う」が36.9%

という回答となりました。

Q1.あなたは新型コロナ以前(2020年2月以前)と比較すると、身の回りの家具や部屋の雰囲気に目がいくようになったと思いますか。Q1.あなたは新型コロナ以前(2020年2月以前)と比較すると、身の回りの家具や部屋の雰囲気に目がいくようになったと思いますか。

・かなりそう思う:25.3%
・ややそう思う:36.9%

・あまりそう思わない:23.4%
・全くそう思わない:14.4%
 

  • 家具の買い替えをしたいと思ったビジネスパーソンは9割超え

 Q1で「かなりそう思う」「ややそう思う」と回答した方に、

「Q2.実際に家具の買い替えをしたいと思ったことがありますか。」

(n=69)と質問したところ、

「何度も思ったことがある」が40.6%、「少し思ったことがある」が52.2%

という回答となりました。

Q2.実際に家具の買い替えをしたいと思ったことがありますか。Q2.実際に家具の買い替えをしたいと思ったことがありますか。

・何度も思ったことがある:40.6%
・少し思ったことがある:52.2%

・全く思ったことはない:7.2%
 

  • 買い替えしたい家具 1位「デスク」43.8%、2位「収納」37.5%

 Q2で「何度も思ったことがある」「少し思ったことがある」と回答した方に、

「Q3.あなたが買い替えをしたい家具を教えてください。(複数回答)」

(n=64)と質問したところ、

「デスク」が43.8%、「収納」が37.5%、「テーブル」が35.9%

という回答となりました。

Q3.あなたが買い替えをしたい家具を教えてください。(複数回答)Q3.あなたが買い替えをしたい家具を教えてください。(複数回答)

・デスク:43.8%
・収納:37.5%
・テーブル:35.9%

・ソファ:28.1%
・ベッド:26.6%
・壁面収納:21.9%
・TVボード:14.1%
・その他:10.9%
 

  • 買い替えをしようと思った理由「おうち時間を充実させたいから」が64.1%で最多

 Q2で「何度も思ったことがある」「少し思ったことがある」と回答した方に、

「Q4.あなたが家具の買い替えをしたいと思った理由を教えてください。(複数回答)」

(n=64)と質問したところ、

「おうち時間を充実させたいから」が64.1%、「快適な状況でテレワークを行いたいから」が57.8%、「もっと部屋にこだわりたいから」が28.1%

という回答となりました。

Q4.あなたが家具の買い替えをしたいと思った理由を教えてください。(複数回答)Q4.あなたが家具の買い替えをしたいと思った理由を教えてください。(複数回答)

・おうち時間を充実させたいから:64.1%
・快適な状況でテレワークを行いたいから:57.8%
・もっと部屋にこだわりたいから:28.1%

・現在の家具を長年使っているため:20.3%
・細かい傷や汚れを見る機会が増えたから:17.2%
・その他:3.1%
 

  • 「毎日目にするようになって、タンスの痛みがきになるようになった」や「オンラインミーティングで家の中が写るから」などの回答も

 Q2で「何度も思ったことがある」「少し思ったことがある」と回答した方に、

「Q5.あなたが家具の買い替えをし たいと思った理由をQ4以外にあれば教えてください。(自由回答)」

(n=64)と質問したところ、

「毎日目にするようになって、タンスの痛みがきになるようになった。」や「オンラインミーティングで家の中が写るから。」

など23の回答を得ることができました。 

<自由回答・一部抜粋>

・36歳:部屋にいる時間が長いため、部屋にこだわりを持ちたい。
・46歳:毎日目にするようになって、タンスの痛みがきになるようになった。
・52歳:毎日テレワークするとなると、より快適に仕事ができる環境が欲しくなる。
・46歳:オンラインミーティングで家の中が写るから。
・37歳:断捨離によって物量が変わったので、家具を変更したい。
・48歳:部屋を広くしたいので、サイズダウンしたい。
・51歳:目に入る時間が増えた。
 

  • リモートワークで家具に求めるポイント「使って本当に便利なもの」が56.8%で最多

 「Q6.リモートワークを実施している上で、家具に求めるポイントを教えてください(複数回答)」

(n=111)と質問したところ、

「使って本当に便利なもの」が56.8%、「テレワークを快適に実施できるもの」が55.0%、「部屋の雰囲気に合っているもの」が45.9%

という回答となりました。

Q6.リモートワークを実施している上で、家具に求めるポイントを教えてください(複数回答)Q6.リモートワークを実施している上で、家具に求めるポイントを教えてください(複数回答)

・使って本当に便利なもの:56.8%
・テレワークを快適に実施できるもの:55.0%
・部屋の雰囲気に合っているもの:45.9%

・シンプルなデザインであること:36.9%
・気に入ったものだけを置きたい:30.6%
・製造元がはっきりわかっているもの:7.2%
・特にない:6.3%
・その他:0.0%
 

  • 「コストパフォーマンスがあっていること」や「収納場所に困らないこと」などの回答も

 「Q7.リモートワークを実施している上で、家具に求めるポイントがQ6以外にあれば自由に教えてください(自由回答)」

(n=111)と質問したところ、

「コストパフォーマンスがあっていること」や「収納場所に困らないこと」

など

23

の回答を得ることができました。 

<自由回答・一部抜粋>


・46歳:廃棄に困らないこと。
・40歳:自分の身体の大きさと部屋の面積にふさわしい大きさであること。
・34歳:コストパフォーマンスがあっていること。
・53歳:コンパクトなもの。
・52歳:危険な科学物質を使用していないこと。
・32歳:収納場所に困らないこと。
・37歳:心が癒されること。
 

  • まとめ

 今回の調査では、テレワークを行うビジネスパーソン111名を対象に、「コロナ禍前後の家具への関心」の意識調査を実施しました。

 結果として、6割以上のビジネスパーソンが、「テレワークの影響で、家具や部屋の雰囲気が気になるようになった」と回答し、そのうち9割以上のビジネスパーソンが、「家具の買い替えをしたい」と思った経験があることが明らかになりました。
 
 買い換えたいもののランキングとしては、1位「デスク」43.8%、2位「収納」37.5%、3位「テーブル」35.9%という結果になりました。

 また、買い替えをしようと思った理由としては、「おうち時間を充実させたいから」が64.1%で最多。その他にも、「快適な状況でテレワークを行いたいから」という回答も57.8%と多く、テレワーク環境をよりよくしたいという思いから、家具を買い替えたいと思っているビジネスパーソンが、多く潜在しているのではないでしょうか。

 さらに、リモートワーク環境での家具選びに求めるポイントとしては、「使って本当に便利なもの」が56.8%で最多。次いで「テレワークを快適に実施できるもの」が55.0%など、テレワーク環境をよりよくするというニーズの上で家具が求められていることがわかります。

 テレワークの推進によって、おうちで過ごす時間が多くなり、今まで”安らぎを求める場所”だった家から、”働く場所”へとよりニーズが部分的に移行されつつあります。生活が一変したことに合わせ、お家の家具選定においても、テレワークを視野に入れた選定が必要になってくるでしょう。
 

  • 会社概要

会社名 :有限会社フレスコ(https://kagu-cozy.co.jp/
代表者 :代表取締役 山本雅之
所在地 :〒426-0033 静岡県藤枝市小石川町1-2-25
事業概要:家具・インテリア用品・仏壇・仏具の通信販売

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000075675.html

リリース元:有限会社フレスコ


無料でプレスリリースを配信しませんか?

無料プレスリリース PR-FREE

PR-FREEは無料でプレスリリースが配信できるPRサービスです。
最短即日〜複数の有力メディアへのリリース配信が可能。 プレスリリースを配信したいけど予算が不安という方に最適です