ACALL/WorkstyleOS新機能、“密”を避けるセンサー連携をリリース

CO2濃度の可視化・通知で、オフィスの“密”対策と生産性向上

スマートオフィスプラットフォーム「WorkstyleOS」を開発・提供するACALL株式会社(代表取締役:長沼 斉寿、以下「ACALL」)は、WorkstyleOSの新機能としてセンサー連携機能をリリースいたしました。第一弾としてCO2センサーと連携をし、ワークスペース内の二酸化炭素濃度を可視化・通知することで、ワークスペースでの“密”回避や生産性向上のために活用いただけます。
■WorkstyleOSのセンサー連携について
スマートオフィスプラットフォーム「WorkstyleOS」にはワークスペースの使用状況を可視化できるダッシュボードがございます。ワーカーのチェックイン情報をもとに座席や会議室の利用状況、来客の推移などを可視化できるダッシュボードにおいて、新たにセンサーで計測した環境情報が確認できるようになりました。

環境情報の中でも、CO2濃度は部屋内の人口密度を測る指標になります。そのためオフィスでの三密回避の基準として、CO2濃度の値を基準とし行動することができます。また、CO2濃度の高い空間では仕事の生産性にも悪影響を及ぼすという研究成果も多数でており、安心・安全・快適なワークスペースづくりのために考慮しなければならない項目の一つです。

今回のリリースではCO2センサーが設置された部屋内のCO2濃度を測定し、その結果をダッシュボードで可視化します。また、CO2濃度のしきい値を設定しておくことで、一定のCO2濃度を超えた場合に、その場所にチェックインしているワーカーのモバイルアプリ「ACALL mobile」に通知が届きます。通知を目安に、換気をするなどの行動変容を促します。

■今後の応用について
センサー連携の第一弾としてCO2濃度を測るセンサーとの連携をリリースし、今後も様々なセンサーとの連携によりワークスペースのスマート化をサポートしてまいります。たとえば、空調機器などとも連携することで、センサーによるCO2濃度の測定結果によって自動で換気や空調設定を変更するなどの応用も考えられます。これら様々なセンサーとの連携によって、スマートオフィスプラットフォームとして安心・安全・快適なワークスペースづくりを進めてまいります。

■ACALL株式会社について
私たちは、「Life in Work and Work in Life for Happiness」をVISIONとして、多様なワークスタイルを実現することで、人々の「くらし」と「はたらく」を自由にデザインできる世界を実現します。

WorkstyleOSサービスサイト:https://www.workstyleos.com/
代表取締役:⻑沼 ⻫寿
所在地:(神⼾本社)兵庫県神⼾市中央区江⼾町 104 2F
            (東京オフィス)東京都渋谷区道玄坂1-16-6 二葉ビル2F
設 ⽴:2010年10⽉
URL:https://corp.acall.jp/
事業概要 :WorkstyleOSの開発および提供

【本プレスリリースに関するお問い合せ】
ACALL株式会社 広報担当
Email: pr@corp.acall.jp
 

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000041.000025368.html

リリース元:ACALL


無料でプレスリリースを配信しませんか?

無料プレスリリース PR-FREE

PR-FREEは無料でプレスリリースが配信できるPRサービスです。
最短即日〜複数の有力メディアへのリリース配信が可能。 プレスリリースを配信したいけど予算が不安という方に最適です