(株)レブコム/MiiTel/レブコム、DX推進を支援するINDUSTRIAL-Xと業務提携

音声解析AI電話「MiiTel」を「Resource Cloud」から購入が可能に

株式会社RevComm(レブコム、本社:東京都渋谷区、代表取締役:會田 武史 以下「RevComm」)が提供する音声解析AI電話「MiiTel(ミーテル)」は、株式会社INDUSTRIAL-X(代表取締役:八子 知礼、本社:東京都港区、以下「INDUSTRIAL-X」)が運営する「Resource Cloud」での購入が可能となり、それに伴いRevCommとINDUSTRIAL-Xは業務提携を開始したことをお知らせします。

※1:DX(デジタルトランスフォーメーション):データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること

■ 連携の背景と提供価値
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大により、これまでの対面での営業活動が困難になったことから、営業組織のDX化がより重要になっています。しかし、DX人材やノウハウ不足により、着手できていない、または取組みを始めたものの上手く機能しないなどの経営課題があります。

その悩みを解決すべく、これまで数々の企業へDXを実行・推進してきたINDUSTRIAL-Xと業務提携をいたしました。本提携により、下記の価値を提供します。

単なるIT化だけでなく、事業企業全体を俯瞰し、目的を見据えた上での営業改革をご提案します。インサイドセールスの成功に必要な目標設定・管理、体制構築、運用支援までワンストップでご支援をすることで、スピーディなDX推進と導入後の定着を図ることが可能です。

INDUSTRIAL-XのDXソリューション調達クラウドサービス「Resource Cloud」上でMiiTelを調達することが可能となります。これにより、DXに必要な「Resource Cloud」上の他サービスと窓口を一本化することができ、スムーズな購入が可能となります。

■ 「Resource Cloud」について
DXを実現するための様々な商材(リソース)を、度々対面接触することなくワンストップかつオンラインで調達可能とするサービスです。経営アドバイスから変革に必要なソリューションや人材をオンライン月額課金のサービスとして提供します。
URL:https://resource-cloud.jp/

■ MiiTel について
MiiTelは、電話営業やコールセンター業務における、会話の内容を解析し、高精度のフィードバックを行うことで商談獲得率・成約率を向上させる、日本発の音声解析AI電話サービスです。顧客と担当者が「何を」「どのように」話しているか分からない、というブラックボックス化問題を解消し、アナログな議事録作成も自動文字起こし機能が軽減します。

商談内容を振り返りやすいシンプルな設計なので、自ら振り返り商談の質を高めたり、開発や他部門に顧客要望をニュアンスまで正確に伝えたりすることが可能です。MiiTelは、営業担当者が「人にしかできないクリエイティブな仕事」に専念する時間を生みだします。また、MiiTelにより蓄積された顧客とのリアルな音声データは、自社の教育研修、サービス開発、機能改善などに幅広く活用いただけ、企業の事業成長を後押しします。

【会社概要】
・社 名 : 株式会社RevComm(RevComm Inc.)
・代表者 : 會田 武史
・所在地 : 150-0002 東京都渋谷区渋谷1-3-9 ヒューリック渋谷一丁目ビル7階
・事業内容:AI × Voice × Cloudのソフトウェア、データベースの開発
・URL:https://www.revcomm.co.jp/

・社 名 : 株式会社INDUSTRIAL-X(INDUSTRIAL-X Inc.)
・代表者 : 八子 知礼
・所在地 : 106-0044 東京都港区東麻布3丁目8-2 麻布マルカビル9F
・事業内容:事業構造のトランスフォーメーション支援
・URL:https://industrial-x.jp/

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社RevComm
担当:広報担当
E-mail:pr@revcomm.co.jp
 

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000057.000037840.html

リリース元:(株)レブコム/MiiTel


無料でプレスリリースを配信しませんか?

無料プレスリリース PR-FREE

PR-FREEは無料でプレスリリースが配信できるPRサービスです。
最短即日〜複数の有力メディアへのリリース配信が可能。 プレスリリースを配信したいけど予算が不安という方に最適です