プラネットグリーン/プラネットグリーンと、LPガスの北海道ミツウロコが業務提携。 既存顧客へ再生可能エネルギーの提案を強化。

プラネットグリーン

既存顧客からの売上アップを支援する株式会社プラネットグリーン(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:永井 良、以下 プラネットグリーン)は、LPガス事業のリーディングカンパニーである北海道ミツウロコ株式会社(本社:北海道北広島市、代表取締役:山下 礼昭、以下 北海道ミツウロコ)と業務提携を締結いたしました。

本業務提携のもと、北海道ミツウロコのLPガス既存顧客に対し、プラネットグリーンが住宅リフォームの営業活動を実施。太陽光発電システムを中心とした、環境貢献度の高い再生可能エネルギー・リフォームの普及を目指します。

■本提携の背景

北海道ミツウロコは、LPガスをはじめ、安全で安定したエネルギー供給をおこなっています。「この地球に生きるすべての人々が大切に考えていかなければならない環境への配慮」という考えのもと、かねてから太陽光発電システムの販売に取り組んでおり、更なる成果をあげるため模索していました。

そこで今回、プラネットグリーンと提携し「再生可能エネルギー・リフォームの営業支援サービス」を導入して、自社のLPガスの顧客へ、太陽光発電システムのご案内の強化に取り組むことになりました。

環境負荷が比較的小さなLPガスと、住まいと環境に優しい再生可能エネルギー・リフォームの掛け合わせにより、顧客の生活の安心・安定を最大化するとともに、経済産業省が目指す住まいと環境にやさしいゼロエネルギー住宅の普及に貢献して参ります。

■本提携の概要

プラネットグリーンと北海道ミツウロコは、以下のとおり業務提携します。

・プラネットグリーンは、北海道ミツウロコの既存顧客に対し、太陽光発電システムを中心とした再生可能エネルギー・リフォームのマーケティング・営業活動を実施します。

・プラネットグリーンは「完全成果報酬制」で、上記アウトソーシングサービスを提供します。着手金や運用費用は全て無料です。

・北海道ミツウロコは、新たに投資をする事なく、1.顧客満足の更なる向上 2.利益拡大 3.脱炭素社会にむけた環境貢献 これら3つを同時に実現することが可能です。

・プラネットグリーンは、新型コロナウイルスの感染リスクを考慮し、お客様・従業員ならびに関係者の安全を確保するため営業活動はWEB商談や、在宅勤務を積極的に活用します。

※CRM(Customer Relationship Management)とは、顧客満足度と顧客ロイヤルティの向上を通して、売上の拡大と収益性の向上を目指す経営戦略/手法

業務提携フロー図

■株式会社プラネットグリーン

あらゆる企業の売上アップを支援する、セールスとマーケティングのBPOサービスを展開。経済産業省が目標とする、ゼロエネルギー住宅の普及に注力しています。既存顧客を大切にしたい企業様と、その企業のお客様に最適なソリューションを提供することで、すべての方の『ベストパートナー』を目指します。

所在地 : 神奈川県横浜市西区平沼1-1-3 3F

設立  : 2010年2月

代表者 : 代表取締役社長 永井 良

資本金 : 9,000,000円

事業内容: 売上アップを支援するセールス&マーケティングBPO事業

URL   : https://p-green.co.jp

■北海道ミツウロコ株式会社

LP事業のリーディングカンパニーとして、安全で安定したエネルギー供給を実現。万全の安全監視システムとサービスでお客さまの快適な暮らしを支え、パワフルでクリーンなエネルギーを供給します。

所在地 : 北海道北広島市共栄23番地

設立  : 1986年

代表者 : 代表取締役社長 山下 礼昭

資本金 : 20,000,000円

事業内容: LPガス、石油製品、家庭用電気、住宅設備機器、

      およびミネラルウォーターの販売、リフォーム事業、

      通信サービス事業

URL   : https://www.mitsuuroko-vessel.com/company/office/hokkaido.html

リリース元:プラネットグリーン


無料でプレスリリースを配信しませんか?

無料プレスリリース PR-FREE

PR-FREEは無料でプレスリリースが配信できるPRサービスです。
最短即日〜複数の有力メディアへのリリース配信が可能。 プレスリリースを配信したいけど予算が不安という方に最適です