キーコーヒー/キーコーヒーから新品種が登場! 優れたカップクオリティと高い生産性を持つ 『スターマヤ コスタリカSHB』10/18~数量限定で発売

~コーヒーの明日を支える鍵~

~コーヒーの明日を支える鍵~

キーコーヒー株式会社(本社:東京都港区、社長:柴田 裕)は、コーヒーの未来を守る取り組みとして、優れたカップクオリティと高い生産性を持つ新品種『スターマヤ コスタリカSHB』を、2021年10月18日(月)より、全国のキーコーヒー直営ショップ(52店舗)および、公式ECサイト「KEY COFFEE 通販倶楽部」にて数量限定で発売します。

スターマヤ商品パッケージ

リオ グランデ オロシ農園

収穫されたコーヒーチェリー

■背景

コーヒー業界は、気候変動の影響により2050年までにアラビカ種の栽培適地が半減すると危惧されている「コーヒーの2050年問題※1」を抱えています。高品質なコーヒーの栽培が困難になることに加え、コーヒー生産者の減少など、持続可能なコーヒー栽培が不安視されている中、当社は「コーヒーの未来を守る」取り組みとして、2016年より国際的な研究機関であるワールド・コーヒー・リサーチと協業をスタート。2017年よりインドネシア・トラジャ地方の直営農園にて「国際品種栽培試験※2」を開始するなど、さまざまな気候変動適応への取り組みを実施しています。

このような中、新たな取り組みとして、気候変動に適応する可能性を秘めた新品種『スターマヤ コスタリカSHB』を発売し、持続可能なコーヒー生産の実現を目指します。

■特徴

『スターマヤ※3』は、栽培の容易さと優れたカップクオリティを兼ね備えたアラビカ種の新品種です。気候変動の影響によって高温・高湿度となると発生しやすくなるコーヒー栽培の大敵であるさび病※4への耐性を持ち、栽培時の農薬使用量も抑えることができる品種です。その革新的な品種の特性を“スター”と表現し、マヤ文明が栄えた中米で開発、栽培がされたことを意味する“マヤ”を組み合わせ『スターマヤ』と命名されました。この品種は、アラビカ種で世界初の“種子から栽培可能”なF1品種(第一世代)で、2001年に発見された花粉を作らない突然変異種を元に開発されました。2015年に初めて収穫され、昨年ごろから本格的な生産が始まったばかりのコーヒーで、日本や海外で限られた量のみ流通しています。

味わいは、バランスの良さと優しい口当り、中米系特有のきれいな酸味を持ったコーヒーです。

キーコーヒーは、2世紀企業スタートアップを掲げ、コーヒーを通じて感動を未来へ届ける事業活動に取り組んでまいります。

■商品概要

商品名  :スターマヤ コスタリカSHB※5

収穫地  :コスタリカ オロシ地区 リオ グランデ オロシ農園

品種   :スターマヤ

精選   :フルウォッシュト

焙煎   :ミディアムロースト

価格   :810円(税込)/100g (豆)

特徴   :バランスの良さと優しい口当り、

      中米系のコーヒー特有のきれいな酸味を有し、マスカットやシナモン、

      バニラを思わせるフレーバーが特徴です。

特設ページ:スターマヤについて詳しくは

      https://www.keycoffee.co.jp/sustainable/starmaya.html

販売期間 :2021年10月18日(月)~各店で売り切れ次第終了

販売店舗 :*全国のキーコーヒー直営ショップ

      https://www.keycoffee.co.jp/store/direct

      (『KEY’S CAFE-CLASSE-』、『CRAFT SHARE-ROASTERY 錠前屋珈琲』は除く)

      *公式ECサイト「KEY COFFEE 通販倶楽部」

      https://www.key-eshop.com/products/detail5721.html

※1 コーヒーの2050年問題とは

地球温暖化や降雨量の変化など気候変動の影響により、アラビカ種の栽培に適した土地が2050年には半減してしまうと言われている問題。アラビカ種は、世界のコーヒー生産量の約60%を占め、主にレギュラーコーヒーの原料などに使用される豊かな風味と香りが特徴の高品質コーヒーです。栽培には、標高1,000m以上が必要で、病害虫や霜、乾燥などの影響を受けやすく、栽培が難しい品種とされています。これらの要因からコーヒー生産者の栽培放棄なども生じ、持続可能なコーヒー栽培において深刻な問題となっています。

※2 国際品種栽培試験とは

当社は2016年に国際的な研究機関ワールド・コーヒー・リサーチ(World Coffee Research)と協業を開始し、2017年よりインドネシア・トラジャの直営農園でIMLVT(International Multi-location Variety Trial)と呼ばれる国際品種栽培試験を実施しています。試験では世界各国から集めた優良品種約40種を栽培し、気候変動や病害虫に強い品種の発掘を目指しています。

この取り組みにより、「耐病性」、「生産性」に加え、「高い香味レベル」を兼ね備えた品種を発掘し、それぞれの地域に適した、優良で正統な品質の苗を世界中に届けることが可能となれば、多様性が確保されたコーヒーの未来を実現できると考えています。

参考URL: https://www.keycoffee.co.jp/sustainable/imlvt.html

IMLVT開始時の様子(2017年)

IMLVTの様子(2019年)

※3 スターマヤとは

フランス国際農業開発センターCIRADと世界的なコーヒー商社ECOMによる、官民共同の品種改良プロジェクトにより生まれたアラビカ種の新品種。種子から増殖できる世界初のアラビカ種のF1品種で、さび病への高い耐性と良質な香味を有し、矮性わいせい(樹高が低い)のため栽培管理が容易なことが特徴です。F1品種は2つの異なった系統の品種を交配して得られる一代雑種であり、一般に、両親のどちらよりも優れた形質を持つという特性があります。従来のF1品種は、フラスコ内で組織培養を行い苗木の状態で植える必要があり、非常に高コストで供給量も限定されるという課題がありました。スターマヤは、“種子から栽培可能”なため、実用性に大きなメリットがあるとされています。

※4 さび病とは

葉の裏側にできたオレンジ色の病斑で作られた胞子が雨季に感染を広げ、温度や湿度の高いところで急速に進行し、収量を著しく低下させる病気。

※5 SHBとは

Strictly Hard Beanの略。コスタリカのコーヒーの輸出グレードで1,200~1,700mの標高で収穫されたのもの。

リリース元:キーコーヒー


無料でプレスリリースを配信しませんか?

無料プレスリリース PR-FREE

PR-FREEは無料でプレスリリースが配信できるPRサービスです。
最短即日〜複数の有力メディアへのリリース配信が可能。 プレスリリースを配信したいけど予算が不安という方に最適です