MIND CRUISER LIMITED/AI音声文字起こしサービスNottaの新機能、ウェブ上の音声コンテンツを自動文字起こしできるChrome拡張機能 「Notta Audio Clipper」 がProduct Huntに掲載

MIND CRUISER LIMITED

MIND CRUISER LIMITED(代表取締役兼CEO: ライアン・チョウ、以下MIND CRUISER)は、104言語に対応したAI音声認識文字起こしサービス『Notta(ノッタ)』より新たなChrome拡張機能“Notta Audio Clipper” を発表しました。無料で使えるChrome拡張機能です。

ウェブブラウザGoogle Chromeの音声コンテンツを自動で録音し、文字起こしすることができます。画面上の音声なら、なんでもワンクリックで録音・文字起こしが可能。同時に5タブまでリアルタイム録音し、高精度な文字起こしを行うことで記録作業の効率が大幅にアップします。

■ Notta Audio Clipperでできること

  • 音声コンテンツの自動録音
  • 音声コンテンツの自動リアルタイム文字起こし(104言語対応・高精度AI搭載)
  • 5タブまでの同時リアルタイム録音

また、Nottaアカウントに文字起こし内容を保存し、Nottaの既存機能と組み合わせることで以下のことも可能。記録作業の簡略化だけでなく、内容を複数デバイスと同期することでどこでも内容を確認し、ストレスフリーに利用することができます。

  • パソコンやスマートフォンでテキストの共有
  • 文字起こし内容の編集
  • 複数デバイスとの同期
  • 別言語への翻訳

■ Notta Audio Clipperの活用シーン

ウェブ上のインタビュー動画など、音声コンテンツをテキストとして手元に。後々の作業を大幅に効率化。

  • クリエイターやライターの方

YouTubeやポットキャスト、音声プラットフォームなどの内容をテキストで保存。あとで簡単に内容を振り返り。

  • お気に入りの音声コンテンツをテキストで

オンライン授業やセミナーなどのライブストリーミング内容を記録。文字起こしはNotta Audio Clipperに任せてメモ取りに集中。内容を複数デバイスで同期することで、スマートフォンを使って出先で内容確認。繰り返し内容を確認して反復学習に。

  • 授業やセミナーで

<活用シーン例>
YouTubeなどの動画やポットキャスト、ライブストリーミングなど、画面上のあらゆる音声コンテンツを録音・文字起こしすることが可能です。記録作業ではなく、コンテンツの内容自体に集中することができ、作業やインプットの大幅な効率化に貢献します。

■ Notta Audio Clipperご利用について

費用:無料
Chromeへの追加:https://bit.ly/3E2JYwE
ダウンロード方法・使い方:https://support.notta.ai/hc/ja/articles/4406159610907

■ Product Hunt掲載のお知らせ

Product Hunt(プロダクトハント)とは、新しいプロダクト・サービスを投稿・共有できるアメリカのサイトです。
Product Huntへの投稿を通じて全世界同時展開をすることで、英語圏のユーザーも含めてNottaのサービスをより使いやすい、より良いものになりたいです。

 

2021年10月22日時点、upvote(いいね)人数は150人以上に達しました。

■ Nottaについて

Notta(HP: notta.ai)は、日本語・英語をはじめとした104言語に対応する、AIによる音声自動テキスト化サービスです。言語に合わせて最適なAI音声認識エンジンを用いて、スピーディかつ高精度の文字起こしを実現することで、作業時間の大幅削減に貢献します。PC、スマートフォンやタブレットなど、様々なデバイスで利用可能です。場所を選ばずに利用することができます。また、全てのデータは暗号化され、セキュリティ保護されているため、社外秘の議題が含まれる会議でも、安心して利用できます。
2021年10月15日時点でNottaの登録ユーザー数は25万人を突破いたしました。今後もNottaは皆さまの作業効率向上に貢献する機能を追加していきます。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000081176.html

リリース元:MIND CRUISER LIMITED


無料でプレスリリースを配信しませんか?

無料プレスリリース PR-FREE

PR-FREEは無料でプレスリリースが配信できるPRサービスです。
最短即日〜複数の有力メディアへのリリース配信が可能。 プレスリリースを配信したいけど予算が不安という方に最適です