学校法人明治大学広報課/明治大学政治経済学部奥山雅之ゼミナールの3つのグループが 「第7回 SDGs学生小論文アワード by 住友理工」優秀賞受賞

奥山雅之ゼミナール3年受賞者

学校法人明治大学広報課

明治大学政治経済学部奥山雅之ゼミナールの3つのグループが、「第7回 SDGs学生小論文アワード by 住友理工」(審査委員長:高村ゆかり東京大学未来ビジョン研究センター教授)で優秀賞を受賞しました。同アワードは、2014年から毎年開催しており、今回で7回目を迎えます。これまでに累計で、国内外から600本を超える小論文の応募がありました。

なお、同じ年に、同じ大学・学部のゼミナールから3つのグループが受賞するのは、このアワード初となります。また、奥山雅之ゼミナールでは、第5回の同アワードでも優秀賞を受賞しています。

 

小論文の募集テーマは「グリーンとデジタルを追い風に社会を変える企業とは」。企業には、脱炭素と DX を軸にどのような取り組みが必要なのか、今後の社会、環境、経済の変化を踏まえて、学生ならではの独自の視点で、具体的な方法を提案するもので、論文の文字数は9500~10500字となっています。今回は、識者による選考会を経て、最優秀賞、最優秀次席、優秀賞&特別賞(2組)、優秀賞(5組)の9作品が選ばれました。

今回の優秀賞受賞者と論文タイトルは以下のとおりです。

優秀賞受賞者 論文タイトル
明治大学政治経済学部奥山雅之ゼミ3年
加藤 智子さん、布施  友梨佳さん
企業運営型部活動の提案 ーDX・脱炭素に貢献する新たな実践コミュニティの形成ー
明治大学政治経済学部奥山雅之ゼミ3年
春口 祐太朗さん、釣巻 亜佑梨さん
グリーンとデジタルを追い風に社会を変える企業と人材 ~社会を変える「両利き人材」を育成する「積極的往復切符制度」の普及に向けて~
明治大学政治経済学部奥山雅之ゼミ3年
梶原 理樹さん、佐川 弥鈴さん、篠原 早希さん
DX・脱炭素に貢献する人材の育成:レンタル移籍制度の提案

受賞各チーム代表者の声

加藤 智子さん(3年)

企業と学生の接点が世界の持続的発展の原点となってほしい、そんな期待を込めて執筆しました。論文執筆を通じて、SDGsに向けた自分達なりの答えを、ひとつ見つけることができました。

春口 祐太朗さん(3年)

激動する社会の潮流に人材面からアプローチできないかと模索しました。テーマとした「積極的往復切符制度」が、イノベーションの加速のきっかけになることを願っています。執筆に際してお世話になった方々に心から感謝申し上げたいです。

 梶原 理樹さん(3年)

「固定化されつつある雇用制度を変えたい」との思いで執筆しました。この論文が、社会変革に少しでもお役に立てばうれしいです。執筆にあたり協力いただいた全ての方に感謝申し上げたいです。

リリース元:学校法人明治大学広報課


無料でプレスリリースを配信しませんか?

無料プレスリリース PR-FREE

PR-FREEは無料でプレスリリースが配信できるPRサービスです。
最短即日〜複数の有力メディアへのリリース配信が可能。 プレスリリースを配信したいけど予算が不安という方に最適です