PR FREE 利用規約

第1条 定義

PR FREE 利用規約で定める用語の意味は、以下の通りとします。
(1)「サイト」とは、ドメインが「https://pr-free.jp/」(以下、サイト)であるサイトを意味します。(移管後のドメインも含む)
(2)「サービス」とは、本サイトが提供するサービスのことを指します。
(3)「規約」とは、PR FREE 利用規約、個人情報保護方針(以下、プライバシーポリシー)、その他サービスに関するご利用ガイドの全てを指します。
(4)「ユーザー」とは、サイトを利用、閲覧する全ての法人、個人を指します。
(5)「知的財産権」とは、著作権、特許権、実用新案権、商標権、意匠権その他の知的財産権(それらの権利を取得し、又はそれらの登録等を出願する権利を含む。)を意味します。
(6)「運営者」、サイト、および サービスを運営する運営者をさします。

 

第2条 禁止事項

(1)ユーザーは、利用規約および法律上の定めを順守しなければなりません。
(2)ユーザーはサービスにおいて、故意・過失を問わず次の各項に該当する行為を行うことを禁じられています。

  ・他者を差別、誹謗中傷する行為
  ・他者の名誉、プライバシーまたは信用を侵害する行為
  ・他者の経済的または精神的な損害を与える行為
  ・サイト、サービス、ユーザー、運営者、第三者になりすます行為
  ・サイト、サービス、ユーザー、運営者、第三者との提携、協力関係の有無を偽る行為
  ・猥褻または暴力的なメッセージ・画像・映像・音声等を送信、掲示、発信する行為
  ・公序良俗に反する行為
  ・脅迫的行為
  ・ストーカー行為
  ・犯罪的行為に結びつく行為
  ・運営者、第三者の知的財産権(特許権、意匠件、商標権、著作権等)を侵害する行為
  ・サイト、サービスを運営者によって承認されていない勧誘、営業、広告、宣伝活動に該当する行為
  ・サービスを運営者の事前の許可なく営利目的で利用する行為
  ・第三者の個人情報を収集、蓄積する行為
  ・迷惑メール等を開示、掲載、送信、頒布する行為
  ・サイト、サービス、運営者のサーバーに不正アクセスする行為
  ・サイト、サービス、運営者、第三者の各種設備を害するウィルスプログラム等を開示、掲載、送信、頒布する行為
  ・サイト、サービスにおいて使用されているソフトウェアおよびデータの全部若しくは一部を複製、複写、修正、追加、改変および二次利用する行為
  ・サイト、サービス、運営者の定める利用条件に従わない行為
  ・サイト、サービス、運営者を妨害する行為
  ・サイト、サービス、運営者が本サービス画面上で禁止を告知した行為
  ・前各号の行為を試みる行為、前各号に類する行為、前各号に該当する恐れのある行為、およびその他サイト、サービス、運営者が不適切と判断した行為

 

第3条 ユーザーの義務・責任

(1)ユーザーは、本サービスにおける自己の行為について、ユーザー自身が一切の法的な責任を負うものとします。
(2)ユーザーは、自己の規約に対する違反等から生じる一切の責任を負い、当該違反等から発生する損害の賠償および弁護士費用を含む一切の費用の負担をするものとします。
(3)運営者は、サイト、サービスにおけるユーザーの行為について、一切の責任を免除されるものとします。
(4)ユーザーは、サイト、サービスを自らの責任のみにおいて利用し、サイト、サービスを利用して得た情報を自らの判断と責任で使用するものとし、また当該情報の使用から生じる一切の責任、損害、費用等について自らが負担するものとします。
(5)ユーザーは、規約に対する違反を発見した場合には、直ちに サイト または 運営者に報告するものとします。

 

第4条 各種案内メール等の送信

(1)サイト、サービス、運営者は、サイト、サービス、運営者に関連する情報と広告情報(第三者の広告情報等を含む)を掲載した電子メールを、ユーザーに送信できるものとし、ユーザーは電子メールの受信にかかる通信料金や設備利用料などを負担することを承諾したものとします。

 

第5条お問合せ

サイト、サービスに関するお問合せは電子メール「***@****」宛てにご連絡いただくものとします。

 

第6条 サイト、サービスの提供停止、変更など

(1)運営者は、システムの定期点検やサーバーの増設並びに交換等の必要がある場合、サイト、サービスを一時停止、変更、追加することができます。
(2)運営者は、新サービスの開始やサイト、サービスの改訂および不具合を修正する必要がある場合に、サイト、サービスを一時停止、変更、追加することができます。
(3)運営者は、火災、停電、その他の事故、地震、その他天災、戦争、政変、その他これらに類する非常事態、基幹通信事業者などに起因する事態、その他これらに順ずる不足の事態によってサイト、サービスの提供が困難となった場合、サイト、サービスの提供を一時停止することができます。
(4) 運営者が前項の事由によりサイト、サービスを一時停止した場合であっても、運営者は会員に対していかなる責任も負わないものとします。

 

第7条 個人情報保護への取り組み

(1)運営者は、ユーザーの個人情報の取扱いについては、プライバシーポリシーに基づき、適切に取扱うものとします。
(2)ユーザーは、サイト、サービスを利用される前に、プライバシーポリシー(https://pr-free.jp/privacy/)を必ず確認し、その内容に同意の上ご利用ください。プライバシーポリシーに同意できない場合は、サイト、サービスをご利用しないでください。

 

第8条規約の適用、範囲および変更

(1)規約は、サイト、サービスをご利用いただく際の運営者とユーザーとの間の一切の関係に適用されるものとします。
(2)運営者は、ユーザーの承諾を得ることなく、必要に応じて規約を変更することができるものとします。
(3)規約の改訂は、サイト上に改訂後の新しい規約が掲示され、ユーザーが閲覧可能となった時点で効力が生じるものとします。
(4)ユーザーが規約の改訂の効力発生後もサイト、サービスを利用する場合は、改訂後の規約に同意したとみなすものとします。
(5)ユーザーは、規約の内容、規約の改訂、サイト、サービスの内容に異議がある場合において講じることのできる手段は、サイト、サービスの利用を終了することに限定されることをあらかじめ承諾するものとします。

 

第9条 知的財産権

(1)ユーザーから提供された物を除き、サイト、サービスにおいて提供される情報およびソフトウェアに関する知的財産権は、運営者または運営者の当該権利の利用を許諾している第三者に帰属しています。
(2)サイト、サービスにおいて提供される情報およびソフトウェアは、意匠法、著作権法、商標法等により保護されています。

 

第10条 保証の否認

(1)ユーザーは、各個人の責任においてサイト、サービスを利用することに明示的に合意します。
(2)運営者は、以下の内容について一切の保証を行うものではありません。

  1.サイト、サービスの内容がユーザーの要求に合致すること
  2.サイト、サービスが中断されないこと
  3.サイト、サービスがタイムリーに提供されること
  4.サイト、サービスが安全であること
  5.サイト、サービス、並びにサイト、サービス上で運営者が提供するプログラムおよぶデータ等においていかなるエラーも発生しないこと
  6.ユーザーがサイト、サービスを通じて取得する情報が正確であり、信頼できる物であること。
  7.サイト、サービスにおいていかなる法的欠陥・瑕疵もないこと
  8.サイト、サービスに通じて受信したデータが正確に所定のサーバーに保管されること、相手方に伝送され受信されること、および画面上に表示されること

(3)ユーザーは、ユーザー自身の責任においてサイト、サービスを利用するものとし、送受信データの送受信、または専用ソフトウェアダウンロードに起因してユーザーのコンピュータ等の通信機器およびデータに発生した障害について全責任を負うものとし、運営者は、一切の責任を負わないものとします。
(4)運営者は、ユーザーがサイト、サービスを利用して行った行為およびそれによる結果がユーザーの特定の目的に適合するか否かについては保証いたしません。

 

第11条 免責

(1)運営者は、ユーザーに発生した使用機会の逸失、業務の中断、期待した利益がえられなかったこと、および前項に記載する以外のあらゆる種類の損害(間接損害、特別損害、付随損害、派生損害、逸失利益を含みますがこれらに限られません)に対して、たとえ運営者が関わる事態が発生する可能性を事前に通知されていたとしても、いかなる責任も負わないものとします。
(2)サイト、サービスを媒介とした会員相互間または会員と第三者間の一切の取引および紛争等に関して、運営者は一切関与せず、いかなる責任も負わないものとします。

 

第12条 準拠法及び管轄裁判所

本規約は、日本法に基づき解釈されるものとします。会員と弊社の間で生じた紛争については、その訴額に応じて東京簡易裁判所又は東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。