プレスリリースの文章は主語と述語、5W1Hを明確にする。

プレスリリース 書き方

プレスリリースはメディアのニュースリリース採用担当者・編集部向けに書くことになります。彼らが読み取りやすい文章を書くことが最も大切です。

以前書きましたが文章の順番や文字数には気をつけましょう。冒頭の10秒で興味関心を持ってもらう書き方が大切です。

プレスリリースは冒頭に大切な書く!文字数は?

さて、今回の主題についてです。

プレスリリースはメディアのリリース採用担当者や編集部の記者が理解できることを基準に書くことが大切です。メディアの記者は一般的に知識豊富ですが、決して専門家ではないので、あなたの業界に対する深い背景を理解していない可能性があります。

主語・述語を明確にする

なのでリリースの主語や述語が不明確な文章を書くことはやめましょう。基本的には「誰が(主語)いつ何をした(術語)」という書き方の文章ですべて構成されるようにしてください。

リリースを通じて5W1Hを明確に

さらに、できれば文章を通じて5W1Hを明確にするとメディアでの採用率は上がるはずです。5W1Hは、「When:いつ」「Where:どこで」「Who:だれが」「What:何を」「Why:なぜ」「How:どのように」という文章のイニシャルをとったもので、誰にでもわかりやすい文章を書くためのベターな方法です。

また、専門用語や業界のみで使われている略称などは避けて誰が見ても理解できる文章を書くことが大事です。

 

無料でプレスリリースを配信しませんか?

無料プレスリリース PR-FREE

PR-FREEは無料でプレスリリースが配信できるPRサービスです。
最短即日〜複数の有力メディアへのリリース配信が可能。 プレスリリースを配信したいけど予算が不安という方に最適です